やっぱりWEBの仕事は面白い!

| 雑記 |

先日営業のプレゼン資料として、HTMLを使ってプレゼンテーションをする資料を作成しました。

HTMLとはWEBサイトを作るための言語で、それをサーバーにアップロードすればホームページとしてどこからでもネット上で見れるようになります。

今回はプレゼン資料なのでパソコンのローカルの中に入れて、スクリーンで見れるようにしました。

Flash画像などもふんだんに利用して、見応えのある提案資料に仕上げることができました。

できる男

内容的にもクライアントの方向性と一致していたので、プレゼンの演出も高評価で、企画は即採用となりました。

こういう経験をしてしまうと、 webサイト制作の道への想いがだんだん強くなってきます。

近いうちに嫁さんに転職したいということを相談しようと思います。

どういう反応が返ってくるかわかりませんが、今の自分の気持ちを素直に伝えてみたいと思います。

かなりどきどきして勇気がいることですが、そこは避けて通れないことですから。