大学を卒業したから12年間、営業畑1本で仕事をしてきました。

途中で転職を2回しましたが、営業職で転職先を探したので比較的簡単に転職することができました。

給料も順調に上がっていたのですが、今になって思うと営業という仕事が自分には合っていないような気がします。

10年も経って今更というかもしれませんが、最初からずっと思っていたことです

それでも営業ばかりして来たので、どうしても転職するときは営業職で探しがちでした。

家族もいるし住宅ローンもあるので、年収を落とすわけにもいかず無難な道を選んでいたという感じです。

でもここに来て、いちど自分のしたい仕事を選びたいという気持ちが強くなってきました。

というのも、最近の営業ではプレゼン資料や提案資料を作成する機会も増え、資料作成に様々なソフトウェアを使うようになってきました。

そういうのを使ってるうちに、デザインや画像処理などWEB制作系の仕事を少しずつようになったのです。

以前からインターネットを使ってウェブサイト制作の仕事に興味があったので、実際にその関係の仕事に携わるようになってますます興味が湧いてきたのです。

そういう思いが芽生えはじめると、自分の中でどんどん膨らんでいくのがわかります。

このままあまり興味を持てずに営業職を続けていくのが、いちばん安定しているのは当然です。

でも自分のしたいことが見つかったのですから、そちらの道を進むことを検討してみてもいいのではないでしょうか。

当然家族の意見や会社との調整も必要になりますが、改めて転職という道を考えてみたいと思います。